研修で学ぶこと

案内するビジネスウーマン

販売員研修には、色々なレベルと目標がある。新入社員に対する販売員の導入研修から店長候補者に対する研修まで等がある。ベースになるのは、コミュニケーション能力である。お客様と関わる、伝える、聞くといった能力が求められる。また、コミュニケーション能力を高めるためには、お客様目線で商品・サービス・自身の接客を観察できる能力が必要になる。このようなコミュニケーション能力は、販売員研修で基礎を教えてもらい、指導員の元で疑似訓練をし、自分の癖に気づき、どういう風に治していくか販売員研修で指導してもらう事ができる。販売員研修後は、実際の店舗で販売員研修での気づき、指導してもらった事を生かしながら、接客していく事が大事である。

コミュニケーション能力のほかに、接客の基本マナーを販売員研修で身につける必要があります。接客の基本マナーには、挨拶、身だしなみ、笑顔、服装等が挙げられる。販売員は、身だしなみも清潔である事が求められる。その他に、販売員研修で習得したいのは、購買心理の8ステップが挙げられる。お客様は、商品・サービスに対して、注目・興味に移り、信頼・行動・満足に至るというお客様の心理を掴み取る事は重要です。お客様に対するアプローチ方法がわかるようになり、信頼段階では、販売員に対する信頼、接客に対する信頼、製品・サービスに対する信頼を掴むになります。この8ステップを理解して、リピート率のアップや製品・サービスをお客様の好みのブランドに加える事も可能です。